石垣島ブルーダイブの海日記

初めての石垣島の海。

夏がゆっくりと遠ざかっていきます。

コロナ影響真っ只中の沖縄です。

石垣島・竹富島もその影響を避けられるべくもなく、いつもより喧噪の少ない環境になっています。
あれ?悪いことばかりじゃないですね^^;

今年の夏はいつもより小魚の量が多いような気がします。
グルクンやスカシテンジクダイ、キンメモドキetcどうも多めです。
ウミガメはほんとによく会えていますが、マンタはちょっと不調。でも時に見られてます♪

石崎方面のサンゴ礁は復活したばかりなのにちょっと水温の上昇に負けて白化しそうです。
ちょっと軽めの台風で水温が下がればいいのですが・・。

まだまだ暖かなこの季節、石垣島観光の際は是非とも、シュノーケリング・体験ダイビングで
遊びに来てくださいねー!

体験ダイビング・シュノーケリングは石垣島ブルーダイブへ。
石垣島・竹富島から発着、一日コース・半日コース有ります。

関連記事

  1. 夏休みの思い出の一枚だ。
  2. はなひげうつぼ。デザインがシャープ。
  3. マンタ。体験ダイビングにて。
  4. アカネハナゴイの赤色が映えてます。
  5. 水面にてマンタがプランクトンを捕食しています。 石垣島の海、冬の風物詩。
  6. コブシメとの遭遇。縞模様はオスの証。
PAGE TOP