reservation@edo-dive.com

石垣島マンタシュノーケリング

マンタとは和名オニイトマキエイの愛称で、学名のManta birostrisが語源となっています。マンタは世界中の熱帯や温帯の海に生息し、日本でも沖縄や四国などで見ることができます。また、頭部分にあるヒレのようなものが糸巻きに似ているのでオニイトマキエイと呼ばれています。体長は横幅で5m以上にもなり、泳ぐ姿はゆっくりと羽ばたくようで悠然としています。泳ぐというよりむしろ飛んでいるような姿は一度見ると魅了されること間違いなしでしょう。体は大きいのですが、食事はプランクトンを食べており温厚な性格です。
石垣島を含む八重山諸島ではマンタのことを「カマンタ」と呼んでいます。外国では「デビルレイ」(悪魔のエイ)と呼ばれており、その黒くて大きな姿に畏怖・畏敬の念を感じたものと思われます。
ダイバーにもシュノーケラーにも人気のマンタを、石垣島では春夏秋を通してかなりの高確率で見ることが出来ます。

石垣島のマンタを見るポイントでは、水深が5−10mのところをマンタがユッタリと泳いでいます。大きさ5mくらいのマンタが5−10mくらいの水深で見られるので、十分な迫力があります。また、マンタはクリーニング(小魚による体の掃除)を目的に現れますので、小魚がいる同じ場所をグルグル回り、じっくり観察出来る事も多々あります。
シュノーケリング体験ダイビングのツアーでご案内しておりますので、是非ともご参加くださいませ。
※海況などによりマンタのポイントに行けない場合も有ります。
  あらかじめご了承くださいませ。

Q コースの内容は?
A シュノーケリングで申し込んでいただいた場合には、マンタのポイントのほかにサンゴのきれいなポイントや魚の沢山いるポイントなどでシュノーケリングを楽しんでいただけます。体験ダイビングで申し込んでいただいた場合には、他のポイントで体験ダイビングを楽しんだ後に、マンタのポイントにてシュノーケリングをします。御予約は左にある石垣ブルーダイブの各プランから選んでいただき、御予約・お問い合わせフォームの備考欄に「マンタ希望」と御記入下さい。
※天候などにより、マンタのいるポイントに行けない場合もあります。あらかじめ御了承くださいませ。

Q マンタの写真は撮れますか?
A 水中用のハウジングに入れたデジタルカメラ、防水仕様のインスタントカメラなどお持ちいただければ撮る事ができます。マンタは時々宙返りするような行動をとるのですが、そのときはシャッターチャンスです!当店でも、ご予約ごとに水中デジタルカメラを一台無料でレンタルさせて頂いております!

Q マンタは必ず見られるのですか?
A マンタも自然の生き物なので、必ず見られるというわけではありません。また、マンタを見られるポイントは北風や東風が吹くと大きな波が立つ為、そのポイントに行けないこともあります。石垣島では夏や秋口に南風が吹きますので、4月から9月がポイントにいける確率は高くなります。ポイントに行けた場合、夏や秋のマンタの遭遇確率は非常に高いです。

Q 船酔いが心配なのですが?
A マンタのポイントではある程度波が立ちやすいので、船酔いをする可能性は他の場所よりは少しは高くなるといえます。マンタの観察時に酔わない方法としては、
1 あらかじめ酔い止めを飲んでおく。
2 ポイントに必要以上に長居しない。
などが有効だと考えています。直前まで揺れないポイントで遊び、マンタのポイントでは無駄なく御案内して再び移動するように心がけています。

Q 泳ぐのに自信がありません。
A 当店ではライフジャケットも完備しておりますので、浮く為に体力を使う必要はありません。また、潮の流れも比較的強くありませんので、ある程度の体力さえあれば十分に楽しんでいただけます。

石垣島でシュノーケリングツアー(TOP)シュノーケリングでマンタに会いに行こう!